りんくの乱雑書庫-感想書架

TVに映画、各種書籍の雑多な感想置き場

新着記事

仮面ライダービルド 第35話「破滅のタワー」
2018/05/13 11:00
仮面ライダービルド 第34話「離れ離れのベストマッチ」
2018/05/12 11:35
仮面ライダービルド 第33話「最終兵器エボル」
2018/05/02 09:18
仮面ライダービルド 第32話「プログラムされた悲劇」
2018/04/22 11:39
仮面ライダービルド 第31話「ほとばしれマグマ!」
2018/04/15 12:13

新着コメント

Re: 仮面ライダーウィザード 第7話『思い出を買うために』
りんく
2012/10/28 10:22
Re: 仮面ライダーウィザード 第7話『思い出を買うために』
たかしょ
2012/10/17 01:25
Re: 仮面ライダーフォーゼ 第48話『青・春・銀・河』
たかしょ
2012/08/26 23:39
Re: 仮面ライダーフォーゼ 第48話『青・春・銀・河』
ヒロ
2012/08/26 15:58
Re: 仮面ライダーフォーゼ 第28話『星・嵐・再・起』
たかしょ
2012/03/29 13:27

新着トラックバック

Re: 仮面ライダーフォーゼ 第27話『変・身・却・下』
愛があるから辛口批評!
2012/03/21 02:24
Re: 仮面ライダーフォーゼ 第25話『卒・業・後・髪』
愛があるから辛口批評!
2012/03/06 01:01
Re: 仮面ライダーフォーゼ 第13話『学・校・拒・絶』
愛があるから辛口批評!
2011/12/06 00:18
Re: 仮面ライダーフォーゼ 第8話『鉄・騎・連・携』
愛があるから辛口批評!
2011/10/25 00:16
Re: 仮面ライダーフォーゼ 第7話『王・様・野・郎』
愛があるから辛口批評!
2011/10/17 23:30

記事一覧

仮面ライダービルド 第26話「裏切りのデスマッチ」

 実質1/3くらいは総集編。
 やっぱり1年4クールのタイムラインは難しいのか……同じ話題の繰り返しとか、ちょこちょこ不安になる尺稼ぎ感。
 いやまだ半年ですし、ここから溜めた分が一気に来るのかもしれませんけど……。
 

なんで勝手に変身解除に……!?
 絶体絶命からの『そのとき、不思議な事が起こった』

 美空の腕輪がパンドラボックスに関係したものとして、これができたという事はボックスの制御装置、管理システム(あるいはその一部、コントローラ)というのが有力?
 まぁ、状況はよくならないどころか『最悪は免れた』に過ぎないのですが……これで新たな一手が開かれたか?

遂にパンドラボックスが西都のものに!
 御堂首相……ちょっと後ろの会長見た方がいいですよ。
 難波会長の黒い笑いで、お釈迦様の掌の上って感じが酷い。
 アイテムは奪った、戦力は上回った……からの西都からの代表選の提案。楽に勝つため、という意味では氷室パパより『あり』な選択肢ではありますが、視聴者としては二番煎じ感は否めないのが辛い。
 戦場シーンはお金かかるし、取れるロケーションも限られているんでしょうけど……うーん。

オーバーフロー状態でも自我を保てる装置を作る
 というわけで……さぁ、総集編を始めようか。
 回想は清々しいまでの尺稼ぎではあるんですが、出てきた情報はそこそこ多め。

  • ハザード暴走前からオーバーフローを使わないのは、オーバーフロー使用で暴走確定のため
  • ラビットタンクのベストマッチは(まだ不明だが)意味がある
  • クローズドラゴンはボトルの成分を倍加させるブースター

 特に最後……そんなにすごい者だったのか、アレ。
(じゃあクローズドラゴンで2本装着できれば4倍……と、ならないのは機能の小型化の限界か)
 クローズも次の情報が出始めてますが、ビルドドライバーに戻るようなのでそちらの伏線になるんでしょうか。

さぁ、実験を始めようか?
 一海ちゃん、墓参りに行く……だけではすまなかった。
 戦兎くんの特訓同様、スクラッシュ同士で殴り合えばハザードレベルあげられるよね、という案は龍我にしてはよく考えたのですが、そこから……今度はそこですか、盗聴器。

被害者に滝川はなかった
 やっぱりあんたですか、紗羽さん。
 この天丼感……まぁ、今回は戦兎君も皆も気づいている感があり、次回の逆転に繋がりそうではありますが。

 それはさておき、代表選を前に完成した例のアレ、フルフルボトル。
 原理としては単純で、同種のボトルを組み合わせればベストマッチを超える力が生まれる。
 ただし、トライアル以上に制御は最悪……だから専用の制御用フルボトルにする、と。
 一つにまとめられているのは、普段はラビット×2:タンク×2のベストマッチ状態にすることで安定化させておくため?
 まぁ答え合わせは次回ですが……

わかるわけねぇだろう! 命を、大事にしないヤツの気持ちなぞ!
 代表選一戦目……龍我との修行があっても、1対1だと追い込まれる一海ちゃんの補正切れ感が辛い。
(逆に気合入れるだけで圧倒的できた龍我の才能って一体……)
 もっとも、この人の強さは追い詰められてからの爆発力……懸けた命の数と重さ、龍我から借りた言葉通り『負ける気がしねぇ』
 辛勝ではありますが、久しぶりに決まったスクラップフィニッシュ、久しぶりの完勝でした。

……うそーん

 お前が地獄を味わわないのは自由だが、代わりに誰が味わうと思う?
万 丈 だ

テンプレネタがここまではまるシチュエーション……しかも変わってくれる人がいないじゃないか!
 そういえばヘルブロスこないなーって思いましたよ……かませ確定だからってギャグに全振りしやがって!
 龍我……せめてアバンまでは元気でね……(敬礼)

仮面ライダービルド 第25話「アイドル覚醒」

 この重い展開の中、このタイトルである。
 間違っちゃないけど。間違っちゃないけどさぁ!?

 後手後手に回るのはヒーローの常とはいえ、ちょっと逆転までの間が辛くなってきた今日この頃。
 エグゼイドと違って戦場レベルでの勝ちすら拾えないというのは……。

エボルト

 ローグ 瞬・殺

 みーたんすげぇ……(カシラ並の感想)
 大惨事待ったなしかと思っていただけに、若干困惑というか、まだ味方で安堵したというか。
 スカイウォールを直で操れるほど近しい力というのは正直予想外でした。
(これがOPの謎の数式と繋がっている?)
 謎が謎呼び、更に増える謎『エボルト』という単語。
 漏れ聞こえてくる玩具バレ情報にエボル○○というのはありましたが……これだけだと、人の名前なのか、システムか、何なのやら。

聞いてみるしかないか
 何となく予想はしていて、やっぱりというか。
 もう当たり前に受け入れつつありますが、電話一本でホイホイ会える黒幕ってなかなかすごいと思う、石動さん。
 まぁ会って聞いても、何処まで信じていいのか……いや信ぴょう性はいいとして(この人、嘘はつかないんですよね……)、話したことが全てなのかって疑心暗鬼が増えるだけなんですが。
 現状でわかったのは、美空の腕輪(バングル)がパンドラボックスと同じルーツということ、スカイウォール事件と同時に嵌って取れなくなったこと。
 これに加え、美空を調べてわかった夢……火星文明の存在と滅亡、それにパンドラボックスと腕輪が深くかかわっている事。
 結局、謎は解けずに謎ばかり……。

俺は一度負けた相手は研究するタチでね
 ただ収穫がなかったわけでもなく……現状での最重要情報。内通者、難波チルドレンの存在。
 マスターから教えられた情報というのが限りなく怪しいわけですが、いるとわかって対処しない訳にもいかない。
 作戦としては複数の偽情報をバラまいて経路を分析という、割と古典的なものですが……あっさりひっかかりましたね、ヘルブロス。
 ヘルブロス、二戦目(バイカイザーから数えれば三戦目)となれば割とこなせる相手。
 この二人が東・北のスマッシュ相当という予想はだいたい当たりのようで……初見殺しの応酬がビルドはほんと怖い。
 一方で戦兎君が必死に頭使う中、気合いれるだけでハザードレベル上げてくスクラッシュ組……ハザードトリガーとは……ウゴゴゴ。

大義のための犠牲となれ
 してやったようで、結局一枚上をいかれる……芸術的な死亡フラグ建築しやがって……赤羽……。
 遂に一人に、しかも彼の命を懸けた死闘あっても、パンドラボックスを守れなかったという事実がさらに気分を重くしてくれます。
 唯一朗報だったのは、暴走ハザードならローグにも一定以上に有効という事、ですが……
 
 自我を失った貴様に勝ち目はない

 ここにきて露呈する致命的欠陥……的確に動いているように見えた暴走ハザード、実態はルーチンの単純化に過ぎなかった……。

  1. オーバーフロー前の場合、オーバーフローを起動
  2. 攻撃射程内で動くものが場合、最も近いものに攻撃
  3. 視界内に動くものがある場合、最も近いものに接近
  4. 視界内に動くものがない場合、有毒ガス(黒霧)で範囲攻撃(予想)

 今のところ4番は予想の範囲ですが、今回までの立ち回りをみるに多分この程度だと思います……。
 スペックの暴力で勝てるうちはいいのですが、互角以上になると単調な動きが足を引っ張ってしまう。
 禁断のアイテムと言われるのは暴走以上に、この問題もあったのか……やはり葛城の力ではスタークたち先人には追いつけない。
 そこで制御装置を開発するという方向性にいくのは正しい科学者の姿勢ですが、目下の問題は……みーたん逃げてー!?

仮面ライダーエグゼイド トリロジー アナザーエンディング/2

仮面ライダーエグゼイド トリロジー アナザー・エンディング
第二弾『仮面ライダーパラドクスwithポッピー』感想


 身辺(お仕事)がバタバタしてましたが、なんとか先行視聴。
 時間帯もあるのかもしれませんけど、ブレイブ&スナイプより子供連れが気持ち増えたような?
 パラド人気は勿論、ブレイブ&スナイプよりわかりやすくゲーム要素を押してきたのもあるんですかね。
(ブレイブ&スナイプは見るからに大人向けで新キャラやアイテムもなしでしたし)

総括(ネタバレなし感想)

 『何気ない××が○○の心を傷つけた』のパーフェクトクリティカルコンボ

 エグゼイドの人々はキレキャラ少ないように見えて、わかり辛い所で静かにキレるから怖い……含む、檀黎斗神。閑話休題。
 いや本当、視聴終わってみると『お前、アレでスイッチはいったのか』っていうのが至る所に仕込まれてて、エンドロール中に変な笑いが。
 本筋としては……至る所にどんでん返しが仕込まれてて、ブレイブ&スナイプに比べてネタバレ抜きだと凄く話しづらい、よく言って濃い一作。
 先にゲーム要素押しっぽい、と述べましたが、実のところ一番ゲームらしくはない話になりそう。

 強いて前回のゲームシナリオ風にまとめるなら……
エクストラシナリオ『もう一人のパラド』
 バグスター育成ゲーム『バグスターを作るぜ!』から生まれたもう一人のパラド、『ブラックパラッド』が永夢を襲った。
 真実を知り、戦えるのはパラドのみ。黒幕とブラックパラドを倒し、真の強さを証明せよ。

【勝利条件】
 1.敵の全滅

【敗北条件】
 1.いずれかの味方ユニットの撃破
 2.八乙女紗衣子の死亡、再起不能
 解説するまでもなくやることは極めてシンプル。
 そしてエグゼイドでシンプルな状況、ということは……

※以下はネタバレ感想にて。視聴済の方はスクロールして閲覧ください。

続きを読む

仮面ライダービルド 第24話「ローグと呼ばれた男」

 地獄を見てきた男、ナイトローグ!

 ……しかしRevellion(反逆者)でも、Outlaw(無法者)でもなく、Rogueというのは、氷室玄徳という男を上手く表している気がします。
『ナイトローグ』という2語の名前から悪い意味の方を残したのは、スタークの嫌味か、玄徳の心中なのか。


俺が見てきた地獄を、じっくり味あわせてやる
 なお地獄の滞在期間、多く見て2週間。

 保身で自分を殺そうとした相手を土下座で許してくれるとか、内海さん優しいよね……ってくらい、げんとくん態度デカすぎ。
(性根はヒーロー側として褒められたものじゃないですが、まぁ今の彼は死神博士ポジションなので)
 彼が土下座してた地下駐車場、割とライダーになりたい・戻りたい人に縁のある場所ですが(例:影山@カブト、後藤さん@オーズ)、ここで踏み止まらなかったのは彼が初かも。
 そして地獄のハザードレベルアップ短期講座で見事……って、待った。
 いつぞやアナタ、龍我に『ハザードレベルは俺が上』とかいってましたよね!?
 直後に龍我のレベルが暴騰してはいるものの……ちょっとキミ情けなさすぎない?

お前と玄徳は似ている
 で、その情けない男と似ているといわれる天才物理学者。
 似ているって名前かな? とかいうボケはさておき……言われてみると、成程。

  • (正負の違いはあれど)今への飢餓感と欲望素晴らしいィ!
  • 自分と周囲しか目がいかない視野
  • 中途半端な才能、ハザードレベル

 そこそこに才能はあって求める物もあるのだけど、プライドや情愛がブレーキになって突っ走れない男。
昔、偉い人がいっていた『欲望が頭に留まっている』状態
 いやむしろハザードレベルはそこそこどころか……戦兎君、ちょっとキミ衝撃受けなさい。

 あれだけ特訓して、ハザード使って、マックスハザードオン! した状態で Lv4.4

 救援にきた一海ちゃん、素の状態でLv4.2よ……彼はこれ以上強化できないと言われているものの、自分の無才に危機感憶えた方がいいレベル。
 まさか『使いこなす才能は劣等生』って予言が的中してしまうとは……だからこそ頭脳を生かした発明が必要なのか。
 ここからの強化はハザードレベルに左右されない、スパークリングのような独自路線になっていくんですかね。
(玩具バレは見てますけど、ハザードトリガーの前例があるから怖いビルド……)

というわけで、今日から世話になる
 ここから数分、スーパーかしらタイム。
 演じ分け切った者にのみ許される、自分から中の人ネタを振っていくこのスタイル!
 かずみんって呼んでください(キリッ) って、完全におとーやんじゃないか!?

また前みたいに心から笑えるように……ラブ&ピース。悪くないな
 ビルドが最高にひでぇ(褒め言葉)のは一海ちゃんのコントから、美空とこのやりとりでほっこりした直後に彼女が倒れるってシナリオ。
 どんだけ視聴者と戦兎君追い詰める気なの……ヤバいヤバいと言われてきましたけど、よりによってこのタイミング。
 更に狙ったようにローグ=玄徳の首相官邸強襲まで……そりゃあ戦兎君も『最悪だ』って口癖になりますわ。
 彼に本当の笑顔が戻る日を切に望む今日この頃

俺たちの運命を狂わせたスカイウォール。これ以上にない舞台だろう?
(官邸から国境まで徒歩で来る龍我)
 ヘリで飛んだ一海ちゃんはともかく、地味に凄いクローズチャージ@龍我の脚力。いやそんな事はどうでもよくて(鬼)
 先週予告された通り、ハザード敗れる……ただ、間にナイトローグを挟んでいたのと戦い方って点では、幾分衝撃は薄め。

 少々皮肉ですが、ローグ@げんとくんのハザード攻略は前作、エグゼイドの対クロノス攻略に似ていて兎角速攻。
 ハザードの真価は時間経過でのハザードレベル(≒ステータス)倍増と暴走による猛攻。なので、時間を与えず火力と手数で始末するというのは大正解。
 逆にビルド側もメタ視点だと時間経過と暴走があれば……って、余地ある敗北で、上手いこと両者を立たせた采配。
(ここまで暴走を克服してない(そもそもできない?)というのも大きい)

 ここから更なる強化に繋がる流れ、なのでしょうが……それよりもヤベーイ! この状況……この人。

 美空……?

 緑眼といってもデーネーブゥー! ではすまなさそうなこの空気……!

仮面ライダービルド 第23話「西のファントム」

 西のファントム、一体なにもn……げんとくんじゃねーか!
 バレバレとはいえ、もうちょい謎の強者ひっぱってあげて……しかしいつもの彼がいないと画面が重すぎて……悩ましい(酷)

代表選も負けちゃったし、俺たちどうなるんだろう?

 答:みーたん!
(ムシられるカシラの財布)

 そんなフザけた参入理由が……キバでも大して変わらなかったorz
 まぁ故郷が消え、首相が消え、仲間も消えてで唯一の拠り所と考えれば悲しい話ですが……だから紗羽さんダフ屋始めないでぇー!?

 見終われば一瞬、唯一一瞬のコントシーンでした……。

仮面ライダーグリス、コイツの命を助けたければ西都の兵器になれ
 黄羽ァァァー!?
『黄羽がいない!?』で死亡フラグか……と、思わせて人質。
たしかに一海ちゃんはスクラッシュ制御できる貴重な人材だし、西都としても欲しい手札でこう来るのは納得。
 反抗するにしても、釣り出す餌に出来ますし……西都にも新兵器、新ライダーはいる、と。

 カイザーあらためギアシステム……で、いいんですかね。リモコンブロス、エンジンブロスの兄弟コンビ。
 スクラッシュやクラックがビルドの上位互換なら、こちらはトランスチームの上位互換といったところか。
 東都陣営はライダーと敵対する立場でしたが、トランスチームも本来はこういうライダーの補助・近衛的な役回りを想定していたんですかね?

俺たちは北都には行けない
 東都陣営が北都に進行すれば、西都の攻撃はますます激しさを増す……というのは実のところ龍我向けの方便。
 散々ポンコツ呼ばわりしてきましたが、ここは氷室首相(&戦兎くん)の判断が正解。
 北都瞬殺の原因は本陣をがら空きにした事であり、ここで戦兎君たち全員が北都に向かえば東都も二の舞になってしまう。
(実際、備えてなければローグに制圧されて終了だった)
 ギリギリでの妥協案はスカイロード……スカイウォールが途切れる『抜け穴』地点での待機。
 画面は仮面ライダーなんですけど、こういう戦略戦術は完全に国家間戦争ですわ、ビルド。

西都には天下を取ってもらわなくてはな
 またお前の仕業か内海ィィィ!
 ネット限定ムービーのヒロイン面……もとい素面を見た後で、この鉄面皮は色々考えさせられる。
 彼も自分が何を作り、作ったものが何に使われているかは知っているのに『見たら作らずにいられない』は、本当に子供的な好奇心だったのか、それとも何か言えない理由があるのか?
 強化改造まで手を出してしまったのは……それともこれも葛城コレクション(待)の一端?
 カイザーにブロス(ブラザーズ)といえばお隣の世界
 カイザーとマイティブラザーズの相似は容易に思いつくでしょうし……。
 スタークと同じくらい、敵か味方か読めなくなってきました。

嘘が下手だな……カシラ
 あまりにも早く二人目の犠牲者が……助けられそう、ヤバい、助けられたか……ダメだったという上げて落としてがビルドはうまくて辛い。
 さしもの一海ちゃんも最新のブロス二体は辛い……ベースからして少なくともムテキと打ち合えるバイカイザーですからね。
(ボス補正&融合強化ありとはいえ、128tの直撃に耐えられる壊れ性能)
 加えて、スクラッシュは装備がツインブレイカーだけというのも地味に辛い。
(一応シールド機能もあるらしいんですが(3.アンブレイカブルボードの解説)……受け止めするには小さすぎるか)
 スチームブレイドと鍔迫り合いできないため、詰められると滅多切りされちゃうのが見ていても辛い……。

俺たちが、討つ
 絶体絶命のなか、北都勢から東都に辛くのバトンタッチ。
 熱い展開ですが、これでも勝てる保証がないというのが……ドラマは面白いのですが、問題解決はともかく怪人撃破ですっきり……といかないのはビルドのちと不安なところ。
(昨年は敵の作戦は進んでも、怪人(含檀黎斗)は撃破できてよかったよかった……ではあったので)
 本来の視聴者層の小さい子は大丈夫なんでしょうか、このピンチの連続。

 さすがにというか、速攻出したハザードはきちんと押せてたんですけど……慰撫早すぎだよ龍我ァ!?
 でも龍我も押され気味でしたし、倒れる前に処理しとかないと、最悪一海ちゃんごとガタコトゴットンズッタンズッタンされてしまう危険もあったのか……ハザード、相変わらず取り扱いが難しすぎる。

西都の仮面ライダーだ

続きを読む

仮面ライダーエグゼイド トリロジー アナザーエンディング/1

仮面ライダーエグゼイド トリロジー アナザー・エンディング
第一弾『仮面ライダーブレイブ&スナイプ』感想


 あくまでVシネの先行上映ゆえ仕方なしですが、全国22館……こういう時、関東圏に住んでいて本当に良かったと思います(ほろ)
 上映から一週間というのに子供連れで席ギッシリで、未だ冷めぬエグゼイド人気を実感させられましたよ。

総括(ネタバレなし感想)
 映画や限定動画のようにゲーム用語で表すなら、まさに『エクストラステージ』
 本編クリア後の最強装備と仲間を前提に、本編ではありえなかった縛りや超強力な敵に挑むあの感覚。
(コンシューマで言えばウィザードリィのシナリオ#2(邦題:ダイヤモンドの騎士)とか、不思議のダンジョンシリーズのオマケダンジョンとか……)

 お話は本編で完結してるし、挑まなくても何も問題はない(ストーリー的にも本当にマジで)
 エグゼイドが好きでもっと楽しみたい人のために用意された一編でした。
 ゲームのシナリオ紹介風にまとめるとこんな感じですかね?
エクストラシナリオ『ラヴリカの逆襲』
 檀黎斗神がラヴリカバグスターを復活させた!
 今回の攻略対象は消滅したはずのブレイブの恋人『百瀬 小姫』
 感染者の消滅までは1日、午前0時までに小姫を解放しラヴリカバグスターを撃破せよ。

【勝利条件】
 1.ラヴリカバグスターの撃破

【敗北条件】
 1.いずれかの味方ユニットの撃破
 2.ラヴリカバグスターの出現から1日間の経過
 3.エグゼイドが事件の真相に気づく
 何気にいやらしい(そして秀逸)なのが敗北条件3。

 リプログラミングを使えば勝利条件を満たすのは楽勝なんですけど、同時にバッドエンド直行という……檀黎斗神、いつかは『クソシナリオ書きそう』とかいってすまんかった。
 あんたやっぱり神マスターですわ。

※意味と詳細はネタバレ感想にて。視聴済の方はスクロールして閲覧ください。

続きを読む

仮面ライダービルド 第22話「涙のビクトリー」

 追い詰めて。
 更に追い詰めて。
 もう無理だ破滅だ……と思わせてからの、大逆転。
 この王道なエンターテイメントが心地よい。
 北都戦争編、溜め込んだ欝々感を見事に晴らしてくれました。

 ……次回の西都編でまた曇りそうだけどさ!

だから使わない、別の方法で勝利の法則を導く
 ハザードトリガーは使わない……と、戦兎くんは言いますが、その心中は既に覚悟完了。
 Youtube限定スピンオフ未試聴の方におさらいしておきますと

  • 北西のボトルでベストマッチ修行したけど、ハザードなしではダメそう
  • ヤ・ベーイ! ハザード対策は強制停止スイッチ
  • 内海さん驚異のヒロイン力

……何か最後が全部持って行った気がしますが、気にしてはいけない。
 分かったことはハザードレベルという適正面では、戦兎(≒葛城も?)はどうも劣等生らしいこと。
 今回もまたベストマッチの多彩さ(初見殺し)で勝負する戦兎君ですが、もはや火力が全然足りない。スパークリングですら。
 同じスクラッシュ使いの龍我が感情の爆発だけで1レベル近く上げたことを考えると、ゼロコンマ単位でしか上がらない戦兎君が修行をしても……結局ハザードしかないのか!

ところで北都の軍はどうした?
 優位を取っている相手と停戦交渉を受ける時、ちゃぶ台をひっくり返す用意は当然するもの。
 誰だってそうする、多治見首相もそうする……まさかHQまで余すことなく全部叩きつけてるとは思いませんでしたけどさ!
 この辺りも攻撃性の高まりの現れなんでしょうか。結局、北も東も完全にスタークの掌の上で転がされているという。
 これが結果的に北都側を救ってくれたわけですが、玄徳パパ、ちゃんと対策してたのでしょうか。
 ……何かしてるよね!?(汗

暴走したその時はそのスイッチを押してくれ
 灼熱! 発光! まだまだ燃え足りねぇ!

 止まらない一海ちゃんはやっぱり異常。
 何が恐ろしいって、ハザード起動直後は割と互角に打ち合ってる(少なくとも夕暮れ~日没までは耐えた)っていう。
 まぁ、この人はいつもそうですけど……勝手に生きて、勝手に死ぬ。最高にお人好しな自分勝手。
 止められない相手を止められるのはハザードのみ、ですが……これがネットムービーの修行結果というなら、あまりに無常。

ハザードトリガーは一度起動すると止められない。出力を最大にして、破壊するしかないんだ

 禁断というに相応しい……制御できないこれはもはや兵器ですらない。
 制御不能になる瞬間、ふっと電源の落ちるような脱力、再起動と同時にがらりと変わる戦闘スタイルは正に殺戮マシンとしか。
 前回の青羽殺害時もそうでしたが、攻撃を受けてもとにかく止まらない。ダウンを取ったら最後、マックスハザードで死ぬまで必殺技……タイマンだと誰も逃げ場がない、止められない。
 前回止めてくれた一海ちゃんが対称な今回、もう残る手段は……。

調子よさそうじゃねぇか……戦兎ォ!
 いた。
 いましたよ、この筋肉馬鹿!
 不調に不調を重ねてきた万丈 龍我。北都編の為は正にこの時のためにという爆発力!
 奇しくも暴走する友を止め、命を救うという……アマゾンズで長瀬ができなかった事を、今度はやり遂げたという……変な涙が出ますよ、もう。
 ここまで一海ちゃんすら脱出できなかったダウン追い打ちを回避し、打ち合いに持ち込む強さ。この瞬間を計測したら5か6入っていたのでは?
 スクラッシュを制御した瞬間、待ってましたと響くクローズドラゴンの声が心地よい。
 そして最後は王道のクロスカウンター!
 一海ちゃんじゃなくても言いたくなります。完敗ですよ。
 (男/嬉し)涙のビクトリーじゃないか!

北都の軍は全て、東都にやってたなぁ……?
 自分で煽りながらルール違反をとがめるクソマッチメーカー、ブラッドスターク!
 難波重工=難波=西都本陣説は聞いた時に膝ポンでしたが……多治見首相、なぜコイツを信用した。
 げんとくん(断定)、なぜまたコイツを信用する?!
(いやほら、あのポーズとかボトルとかライダー名が『ローグ』とか、どうみても……)
 もうこの人、何かそういうカリスマというか洗脳オーラみたいのを放ってるとかなのか……スタァァァァァァクゥ!?

仮面ライダービルド 第21話「ハザードは止まらない」

 やっちまった……。

 今回省略された修行パートがYouTubeのスピンオフみたいなのですが、この流れで視聴率大丈夫?
 何かマスターと悪魔の契約みたいな話になってるんですけど……

俺がやったのか……?
 黒繋がりの暴走フォームというと、筆者はクウガの『凄まじき戦士』を思い出す世代ですが……あちらは制御できたものの、失敗していたらというIfを見せられた気分。
(掴み上げからの止め、そういえばゲームなどで黒目クウガが多用してましたっけ)

 正直、見ている方も戦兎と同様『一定時間』を甘く見ていました。まさかこうもあっさり暴走し、やらかしてくれるとは。
 スペックもさることながら、特殊能力も

  • パンチ力・キック力の時間ブースト(時間切れを狙うほど危険度アップ)
  • 攻撃時の物質分解能力(装甲無効。無機物は即死……?)
  • 隠れても逃げられない範囲攻撃ガス(隠れてもやり過ごせない)
……と、殺意に満ち満ちているとしか言いようがない陣容。
 その餌食となった第一号は青羽……やはり戦争、いい奴、まともな奴から消えていく定めなのか。
 自分が人を殺した。
 訓練を受けているわけでもない。信じられる上官もいない。ましてナチュラルボーンキラーでもない戦兎くんが耐えられるわけもなく……。

ビルドが一線を退いて、一週間でこの有様か
 そして政府も政府でヤバーイ。
 何がやばいって人材がいない……予想通りの泰山パパ、タカ派のポンコツがハト派のポンコツに変わっただけだったよチクショーめ!
 この『誰が一番マシか』という末期的な人材枯渇、CivやHoIの中小国プレイを彷彿させる息苦しさ。
 戦略~戦術レベルで状況を覆せる者がいたらライダーの出番はないってのはわかりますけど……それでも信頼できる上が欲しくなる危機感過多。

東都の街は俺が護る! 俺が……俺が……!
 もはや頼れるのは龍我だけ。説明されないので本当に地味にですが龍我、死を見た事で皮肉にも攻撃衝動を抑制できるように。
 ですが(またしても!)よりによってのタイミングで、今度は仲間を失った赤羽たちが黙っておらず、わかってしまう龍我は攻撃できず敗北。
 敵も味方も理性を失っていくなか、戦闘狂の触れ込みだった一海ちゃんだけが冷静というのは何の皮肉やら……。

東都と北都の仮面ライダーを1対1で戦わせる代表選で決着をつけたい
 泰山パパ、渾身の策。そして多治見首相、この悪い顔である。
 そらまぁ断る義理ないですよ……北都は勝ってる側ですし。
 代表選で勝てれば無駄な犠牲はない、負けたらこれまで通りにゴリ押しで戦争継続すればいいわけで……泰山パパ、ちゃんと対策できてる?(汗)
 平時なら中の上くらいの凡宰相で終われたんでしょうけど、この人……動乱の時代には力不足がすぎました。
(ニューリーダー病患者の息子も十分アレですが……お客様の中にド・ゴールかマンネルヘイムはおられませんか!?)

お前が謝る事じゃない
 実態も心境も戦時徴兵された民間人な両都ライダー・スマッシュ勢において唯一人、覚悟決まりすぎな男、猿渡 一海。
 武田さんの名演もあってかっこいい……かっこいいですよ。けどそう割り切れたら苦労はないよ!
 俺はお前を全力で殴る、だからお前も全力で殴りにくればいい……という理屈では、まだ手を下した戦兎君には届かない。
 同演者の音也は753を破滅の淵から救ってくれました(※出会わないと場合はノベル版展開)が、今回は……。

こんなに痛くても、悔しくても、戦うしかないのか……!
 そうだよ(煽り)
 ……何してくれてんの、マスター。どの面下げて言ってるの、マスター。
 場面だけ切り出すと熱いライバルからの叱咤激励ですけど、ここまで全て石動マスター=ブラッドスタークの掌の上というね!
 はっきり宣言しちゃいますが、この後どんな真相があったとしても、この人の『人の心がわからないサイコ野郎』って印象は晴れる事はないと思います。
(キャラとして魅力がないという意味ではない……いやそちらは最高にあふれているんですけど、前作の檀黎斗神を更にどす黒くした感じというか)
 葛城がPVで語ったようにライバルであろうとしている、という感じは受けますが……それで何をさせたいのかが全く読めません。
 まだ戦兎君が理性的だったからいいものの、感情に任せて殺しに来たらどうするつもりだったんでしょう……?

 そして代表選の当日……修行パートの触り以降はYouTubeですね、わかります。
 そこまで特訓しても大惨事不可避って次回予告が……まだ曇らせ足りないっていうのかぁぁぁーッ!?

仮面ライダービルド 第20話「悪魔のトリガー」

 ※ご覧の番組は仮面ライダービルドです

 って、注釈つけたい重さ……養殖とか、天然とか、アマゾンズの世界と融合始まってません?!

お前しか万丈 龍我を止められないからだ
 万丈 龍我は奴は野生のアm……ビルド。そして戦兎は養殖の…… 露骨にコラボ始まってるぞ戦兎ォォ!?
 いや割と的確とは思いますけど、例の伝説のヒモの同類扱いされた龍我の心境やいかに。
中の人は喜々としてショットガン準備してましたが

 皆が互いを思いあうあまりに最悪が広がっていく。そしてそのれを助長するのは……マスター、あなたアマゾンズ見てますね?

人のせいにするんじゃねぇぞ
 一海ちゃんはそう言いますけど、この人こそ自己犠牲の筆頭なんですよね……前世(おとーやん)からして。
 3バカみたいに弱音を吐かないのが余計にタチ悪い……ビルドでは恐らく踏みとどまるでしょうけど、その分を三人は確実に背負いそうという業の深さ。
 記憶喪失のカシラに付き合って名前を捨てたという赤羽……ちらと映ったドッグタグによると、本名は『オオヤマ マサル』?
 名前バレも一種の死亡フラグですよね……次回、今際の際に叫ばれそうで辛い。

やばくなったら変身解除しろよ
『変身解除するとどうなる?』『変身しない方がお前は強い』
 ……いやそういう意味じゃないのはわかってるけど!
 変身を頂点に戦績急下降な龍我くん、ダディ(0M0|みたいなスペックで逆補正かかる人なのかキミ。
 戦兎君の言い方も悪いというか、言われて解除できれば苦労ないってのもありますけどさぁ……ここは自分ならできる天才ゆえのミスというべきか。
 一般に狂戦士化はパワーアップではあるのですが、狂戦士状態で同スペックの相手とかちあえば当然戦術で負ける。
 クローズチャージ@龍我とグリス@一海ちゃんの戦いを見ていると、スクラッシュを未完成とお蔵入りにした葛城の気持ちもわかる気がします。
 これを制御して使いこなせたのって、一海ちゃんくらいですよね……。
(あと強いてありうるなら開発者の葛城=戦兎? 今の戦兎のハザードレベルだとそもそも変身できませんけど)

今日君たちを呼んだのは極秘事項を伝えるためだ
 げんとくん、珍しく頭を使う。
 パンドラボックスを隠すため、という表向きは勿論、ファウストの技術流出を伝えるという話すら多分オマケ。
(そもそも今更そんな情報が何だっていうんだ! って状況だし……)
 コレ、情報流出元が戦兎くん周辺とアタリをつけて網を張ったんですよね。
 ただじゃあ誰かとなると……さすがに紗羽がダブル/トリプルスパイというのはないと思いたいですが。
 もしかしたら更にアタリを付けていたのかもしれませんが、玄徳首相(代理)……よりによってこのタイミングで一時退場というね!

俺が全てを決める! 俺がこの国のリーダーだ!

 お前にこの国を束ねる資格はない

(SE:デデーン)

 げんとくん、よりによってこのタイミングでやらかすという……一視聴者としても想定外でしたわ。
 美空の治癒は前回からちら見せしていましたが、まさか一般人にも効くとは。
(ボトルの治癒能力の発展なので、ボトル関係だけかと……それとも氷室パパが食らったスタークの毒もボトルによるものだったから?)
 普通ならよかったよかった……なんですけど、この作戦開始した直後のタイミングでというのが非常にまずい。
 前述の通り、げんとくんは彼なりに独自に作戦展開していて、情報も掴んで動いているのですが、これが全部パー。
(それに印象は悪いですけど『守るだけじゃ戦争は終わらない!』は一面の真実で……SLG的に言えば各陣営とも好戦性MAX状態な現状、和平による平和はまず無理という)
 本当に、冒頭で話したように各々の選ぶ最善手が最悪へと繋がっていく……。

俺は必ず貴様らの前に現れる……更なる力を手に入れてな!
 地べたを這い泥水をすすってでも……って空耳が聞こえた人多数(SNS調べ)なクソ首相(代理)
 うん、これはヒドい。ナイトローグ変身しないの? って声は前々からありましたけど、この戦力差じゃダメだコリャ。
 空中戦はサクっとホークガトリングに叩き落とされ、スパークリングにチェンジされた後は切り札のバットウイング(仮)でもノーダメ、ワンパン。
 それでも逃げるしぶとさはいっちょまえですけど……このシブとさ、外道なわりに憎めなさはG1トランスフォーマーのスタースクリームを思い出します。
(ほら『俺がこの国の(ニュー)リーダーだ!』いっちゃっいましたし……上司のパパも正直不甲斐無いのが彼の不幸か)
 外伝で主役決定したそうですけど、彼はここからどう持ち直すのか。色んな意味で楽しみなキャラになってきました。

俺がお前を止める。この身にかけても
 上が消えても下は急には止まれない……それが戦争というもので。
 むしろげんとくん失踪により、戦兎君のハードワークは更に加速するばかり。
 今回もスパークリングでナイトローグ戦(一蹴ではあったけど)から、即座にホークガトリングで北都国境に向かい、そのままVS三羽ガラスという長期戦。
 そしてその末のハザードトリガー。

 

スーパーベストマッチ!
アンコントロールスイッチ! ブラックハザード!
(Ya-Byeeeeeh!)


 状況、色、全てにイヤな予感しかしない……。

仮面ライダービルド 第19話「禁断のアイテム」

 三羽ガラス、早くも終了の危機。
 とにかく何かとリスクや破滅的アイテムと縁のあるおとーやん、もとい一海ちゃん、もとい武田さん。
 滅びを含むやせ我慢の美学が似合う役者さん、というのは間違いないですけど。
 
内海……お前は私に撃たれて

 残念だったなぁ……サイボーグだからね(SE:ぷしー)

 だ、違う!
 遂に公式MADと化したアバンは闇鍋会場。そしてSHT定例、1時間ぶっ続けのスーパー(ヤン)ホモタイム開幕。
(真打は勿論1時間後の首領様

ファウストは葛城と私が創ったものだ! 勝手な真似は許さんぞ!

 げんと君やスタークのいう『ファウストはお前のものじゃない』ってそういうことかよ!?
 人は葛城を悪魔の科学者と呼んだ、っていうのも何かすごいアヤしくなってきたんですけど……私が名付けた(ねっとり)とかじゃないよね!? ないよね!?

みーたんはな……みんなのアイドルなんだよぉ!
 重傷・カフェ・マル・ダムールと化したバーバー桐生。
 ……まさかこんな形で登場するとは、バーバー桐生。会話もリアクションも完全におニャン子クラブ談義してた時のそれじゃないですかー!?
 戦場から荒廃した市街をなめるカメラ、徴発した店舗の兵隊さんって一連の流れは短いながら戦争ものっぽくて好きですけど……いやギャグに落とさないと空気が辛すぎるか。
(あとまぁ兵隊さんとアイドルの話は、実は定番でもあり……WW2から現在まで慰問コンサートや一時のラジオなど、エピソードは絶えません)
 最終的に『人違い』で誤魔化されたものの、バカなのか、そういう事で割り切ったのか、素直に笑いづら……。

じゃ、そういうことで、ハイ変身!

みーたん! みーたん!

 ……やっぱり、バカってことでいいようです(ほろ)

お前たちのハザードレベルを整理してやろうと思ってな

 主にTVの前のお友達のために……って感じの水入りスタークチェーック!
 さて問題の測定結果ですが、やはりトップは一海ちゃん……まぁこれを言うために出てきたような感じですね。貫禄のレベル4.2。
(し・に……とかいってはいけない)
 それに続くのはこれまた予想通りで龍我4.0、戦兎3.9。これも予想通りで、戦兎の適正は龍我に一歩劣る。
 またスクラッシュ適性レベルは4.0以上で確定の模様。
 この下は3.7~3.9で北都三羽ガラスなのですが……実際の戦闘力は一海も触れた通り、この順列通りではありません。

 ハードスマッシュという技術で優位のある三羽烏、圧倒的多芸さと知性の戦兎、加えて適正2位のはずの龍我は狂戦士化でマイナスが大。
 今のところは一番噛み合っている一海ちゃん=グリスが最強なのですが、何時抜かれてもおかしくない団子状態。
 ハザードレベルはなかなか上がるものでなく、この状況を脱するには……そう考えるまでがスタークの計算通り、という。

戦兎、こう言われちまったら万丈は止まらんぞ?

 止めさせてくれないのはアンタでしょうが、スタァァァーク!
 
今度は俺がアイツの力になる番だ
 北都も、ビルドも『大切な人のために』と危地に踏み込む。
 肝心の大切な人は望んでおらず、それを望むのは後ろでほくそ笑む黒幕ばかり……アマゾンズでも痛感した善意の空回り感、正直辛い。
 冒頭でげんと君がノロケ話した葛城謹製『禁断のアイテム』
 強化と引き換えに死を近づけるアイテム、ハザードトリガー……逆説的ですが、スクラッシュシステムが『未完成』と呼ばれた理由、それと葛城の信条が何となく見えてきた気がします。
 恐らく今のスクラッシュはまだ未完成……で、その未完成の部分こそが『副作用を軽減するフィルタ』
 ただ精神的なものは人によっては制御できる範囲なので、気軽に考えていた。
 ところがさらに進めたハザードトリガーは、遂に肉体への悪影響が確認された……だから封印したというあたりではないかと。
 げんと君の話が本当とするとですが、人体実験見境なしではあるけど、死んでもいいとは思ってない。
(人体実験というと物騒ですが、例の話は要は『無許可の治験』だったのでないかと。それも十分ヤバいですけど……)
 それが葛城巧の最後の一線で、スタークが袂を分かった理由なのでないでしょうか。

今日からハードスマッシュあらため、ハザードスマッシュだ!
 一海ちゃんを煽り、その裏で三羽ガラスを実験体に……というのは理にかなっていますが、胸糞悪い話。
 更に胸糞悪い話なのは、三人のハザードスマッシュ化がなければ下手すると一海ちゃんも返り討ちがありえたという話。
 初登場で『地味』とコメントしたスパークリングですが、ノーリスクでスクラッシュやハードスマッシュともやりあえるという結構とんでもない代物。
 それを底上げしている戦兎君の知性がまた曲者で……実はスタークと同じ、一度能力を見せると的確に対策取ってくるんですよコイツも。
(前々話で苦戦したハードスマッシュを前話ではピンで圧倒、前話で圧倒されたグリスが今話では互角……と、直近でも着実に差を詰めている)
 これで龍我がスクラッシュを使いこなしてしまうと後がない……だから先手を打つという北都首脳陣の考えは実は正しかった。人命を無視すれば。

 正しかったのですが……ここでまたもこのクソ運営、もといゲームメーカー。

 葛城が創った禁断のアイテム、ハザードトリガーだ

 東都も北都も弄び、何を目指すかブラッドスターク。

ナビゲーション

PHP Blog