りんくの乱雑書庫-感想書架

TVに映画、各種書籍の雑多な感想置き場

新着記事

仮面ライダーエグゼイド 第36話
2017/06/25 12:42
仮面ライダーエグゼイド 第35話
2017/06/11 10:52
仮面ライダーエグゼイド 第34話
2017/06/04 10:51
仮面ライダーエグゼイド 第33話
2017/05/28 11:17
仮面ライダーエグゼイド 第32話
2017/05/21 10:42

新着コメント

Re: 仮面ライダーウィザード 第7話『思い出を買うために』
りんく
2012/10/28 10:22
Re: 仮面ライダーウィザード 第7話『思い出を買うために』
たかしょ
2012/10/17 01:25
Re: 仮面ライダーフォーゼ 第48話『青・春・銀・河』
たかしょ
2012/08/26 23:39
Re: 仮面ライダーフォーゼ 第48話『青・春・銀・河』
ヒロ
2012/08/26 15:58
Re: 仮面ライダーフォーゼ 第28話『星・嵐・再・起』
たかしょ
2012/03/29 13:27

新着トラックバック

Re: 仮面ライダーフォーゼ 第27話『変・身・却・下』
愛があるから辛口批評!
2012/03/21 02:24
Re: 仮面ライダーフォーゼ 第25話『卒・業・後・髪』
愛があるから辛口批評!
2012/03/06 01:01
Re: 仮面ライダーフォーゼ 第13話『学・校・拒・絶』
愛があるから辛口批評!
2011/12/06 00:18
Re: 仮面ライダーフォーゼ 第8話『鉄・騎・連・携』
愛があるから辛口批評!
2011/10/25 00:16
Re: 仮面ライダーフォーゼ 第7話『王・様・野・郎』
愛があるから辛口批評!
2011/10/17 23:30

記事一覧

仮面ライダーエグゼイド 第36話

仮面ライダーエグゼイド 第36話「完全無敵のGAMER!」

いくぜ、相棒。

 25話からのクロニクル編は喪失と奪還の物語だった(である)のかと、えもしれぬ感銘の最強フォーム回。
 36話とかなり遅い方ですが
(ジェネレーション組だとドライブとゴーストが34話、鎧武32話、ウィザード31話。年々遅くなってはいる感じ?)
 溜めに溜めたものをキッチリ魅せてくれました。

クロノス攻略クエストだと!?
 バカな、そんな露骨なクソイベントに乗るプレイヤー……一杯いた……。
 まぁエグゼイド世界だし……で終わらせてもいいんですけど、残念なことに普通に現実にあるのが。うん。
 えむ、知ってるか。TRPGルールブックの利率・完売率は異様に高い。
 くそだくそだと言われつつ、そのくそだって声が減らないのは、口で言いながらも載せられてるって事よね……。

……なぜ起動しない!?

問題ない、永夢。君がこのガシャットを使えば!

君の出番だ、タドルレガシー……!


……起動しない、だと……


 なんというか、変なところで似た者同士な檀親子。
 結果としては(この時点では)別に変身しなくて問題なかった政宗パパの勝ちですが、死闘の中に漂う妙な微笑ましさ。
 ムテキガシャットが元から永夢用というのが、けっこう意外だったんですが
(今までの社長はガチ強ガシャットは(奪われるけど)自分の手元に置いてたので)
 真価を出せるのが永夢(正確にはゲーマー『M』)だけだったのか……まぁ、普通に仲良くなったというのもありそうですけど。
 このムテキガシャット、いきなり強奪されるというのも初(珍場面的な)ですけど、限定的ながら誰でも最強フォームになれるというのもユニーク。
 これが最強フォームが出るとサブライダーとの戦力差が……という問題への答えになれる、か?

勇者と魔王の力を手にするために、心の迷いを消せ
 タドルレガシー、評価マイナス……と(ブラック査定)
 しかし政宗パパは心底邪悪ですが、この台詞はなかなか暗喩的で意味深。
 この前のシーンが

・なぜ起動しない!?→お前に天才ゲーマー『M』の力がないからだ

 勇者と魔王を『正義と悪』『正と負』と抽象化すると、永夢とパラド……天才ゲーマー『M』にも見事に当てはまるんですよね。
 今の飛彩は永夢の鏡になっているのかな……と。

 今週、永夢は葛藤を乗り越え、パラドと天才ゲーマーの力を受け入れましたが、では飛彩は?
 というのが次回……ですけど、イヤな予感しかない……。

今がその時だ

 パラド、お前は僕にいった

 俺とお前が手を組めば無敵

今がその時だ!


 えぇ、乗せられましたよ。本当にこの不揃いのドクターどもめ!
 敵も味方も乗せに乗せ……レベル5ガシャットによるグラファイト討伐戦を思い出させる逆転劇!
 レーザーまでは予想の範疇でしたが、パラドまで手玉に取るとは……常に1つ上をいってくれますエグゼイド。
 そしてお帰り、レーザー@九条貴利矢! 憂いなくOPを疾走してください!

勝負だ、クロノス! 天才ゲーマーMの力……見せてやる!
 見せてもらおうか、エグゼイドのムテキゲーマーの性能とやらを!

続きを読む

仮面ライダーエグゼイド 第35話

仮面ライダーエグゼイド 第35話「Partnerを救出せよ!」

作 戦 失 敗


 うんまぁ、わかっちゃいましたけど。
 ここまでクソミソに言われると、見てる方も辛い……

 ネタに全速の『よくわかるエグゼイド』すらこれですし……
(バックナンバー見返したら12話と対なんですね、今回。この人絡みだけシリアスという)

命を管理する私こそが世界のルールとなる
 誰か、特状課からベルト砕きアックス借りてきて。
 自社の発展が目的かー……と語られてきた政宗社長ですが、ここで一転して本音を吐露。
 わざわざ医療をくさすあたり、父子揃って母親の死をきっかけに狂ってしまったんでしょうか。
 やることとしては蛮野ォ!(ゴルトドライブと呼べ)と丸被りですけど、たぶん両者は相いれないんだろうな。

ドクターなんてもう必要ないんだよ
 貴利矢さんがクロノスに協力なんてありえません……いった直後からの、これ。
 そして(いつも通り)雑に扱われる社長の命……いや助けてやれよ!? 今ぜったい見殺しにしたよね!?

 えー、社長劇場に入ってしまうと話が進まないので……うん。
 見返すとこの時点から意外と素だったんですね、貴利矢さん。データ残らない親友の死を経験した人間として、考えとして頷けないところはない(ように見える)
 お前なんで俺を殺した社長と手を組んでるの? は割と素でイヤミっぽく、実際反論しようがなくて困る。
『結構ベンリなんスよ、この土管』とでも返してやればよかったのか?!(よくない)

誰にも太刀打ちできない、完全無欠のガシャットを開発する!
 社長の性格とモチベーションが分る一幕。
 勝手に恨み、勝手にライバル視し、勝手に燃え上がり、勝手に復讐しにくる。
 これに天才的頭脳がついてるんだからタチ悪いというか……やっぱ何も変わってないわ、この人。
 良くも、悪くも。

俺に考えがある

 説明しよう。
 私に(いい)考えがある(I have a plan.)とは失敗フラグである


 ちなみになぜIdeaでなくPlanかというと、Primeと韻を踏んでいるためである。
 だからドーダコーダ言うわけではありませんが、お約束通りに作戦失敗です。

 まぁ永夢と今更共闘しようぜ! ってのもムシのいい話よね、パラド君……最近の寂しそうな背中を見ていると頭撫でてやりたくなります(危)
 リミッター外れてるけど、一途でいじらしい子なんですよ……最近のグラファイトさんとのコンビは、永夢と飛彩の鏡映しなんだなととみに思う。
 グラファイトさんともども、何らかの形で生き残ってほしいとは思いますが……難しいかな。

救われる事なんて何もない
 このケンカキックは間違いなく九条 貴利矢!
 元々前提にしてたから当たり前なんですけど、レーザーはLv3ガシャットが凄く似合う。
 素の時のデカ頭が重ね着でバランスよくなるんですよね……上半身の黄色部分が隠れて(ほぼ)モノトーンになるのもいい。
 ……撃たれる側は溜まったもんじゃないですけど。マキシマムすら怯むバ火力で、スナイプLv50が泣いてますよ……。

なーんか勘違いしてるようだけど、自分は自分だ
 困った時のガードベント!
 バグスターは不死身だから罪悪感な、し……二枚抜き、だと……?!
 以前にも大我センセが強制ガードベント→まとめて爆殺とかしてましたし、火力過多のエグゼイド勢に肉壁は効果薄なようで。
 しかし……ここから更にどんでん返しのケンカキック。
 この期待の持たせ方がうまいというか、どこまでが素なのかわからなくなってきたぞ、貴利矢さん。

結局、お前は一人じゃ何にもできない

 止めの一言、伏せられた耳打ち……それに対する永夢の答えは……

続きを読む

仮面ライダーエグゼイド 第34話

仮面ライダーエグゼイド 第34話「果たされしrebirth!」

 平成ライダーでrebirthというと2曲ほど浮かびますけど、飛彩センセ的にはブレイドの方(というか橘さん(ダディ))か。
 死別より更に酷い……久々に特撮でぞっとする恐怖を味わわされましたよ、あのデータ小姫さんは。

君にもう一つやってもらいたい事がある
 ブレイブを引き込むなり、更に次の一手。
 まったく隙が無い政宗社長の経営戦略……実際、ちょっと油断すると即座にカウンターぶち込んでくる連中が揃ってるので当然ですが。
(分野は違えど達人同士の全力の殴り合いという様相は、凄い興奮しますけど。正直)
 レーザー用のドライバーは何処から? の答え合わせ……まさかボッシュートとは。
 同じ状況、同じレベルで背後からいったパラドクスLv50(バフつき)歯が立たなかったマキシマムがズバズバ切られる絵面は色々と戦慄。
 この天才外科ゲーマーH、次回レベル100で襲ってくるんですよね……?

仮面ライダークロニクルのラスボス、ゲムデウスとは何者だ?

今週のグラファイトさん劇場……飛彩センセのケーキ横取り


 真面目な話してる横で何してるの!?
 いや前回に続きかっこいい所も多いんですけど、グラファイトさん。
(特にゲムデウス培養の男気は泣いた……泣いたんですけど)
 その直後に『俺はブレイブの記憶あるからな!』って言動は台無しだからやめようぜ!?

 というか、こんな雑い扱いでいいのかラスボス……ですが、まぁここまで視聴してくれば納得というか。

 要するにゲムデウス自体は
『クロノスにしか倒せない『全知全能の神』という設定のキャラ』
 に過ぎないんですよね。これはリボルケインで死ぬ
 要はクロノスに倒されるためのキャラなので、それ自体のバグスターがいても現状何の役にも立たない。
 ただ『クロノスと戦える』という一点では有用で……そういう点ではパラド君、目の付け所は悪くないんですが。
 永夢もそうであるように、クリエイターとしての発想は社長(新黎斗)にまだ一歩及ばないか。

静かにしてくれ、開発に集中できないだろ……!
 そこで変神社長(※超公式)の神戦略を見てみましょう。

 Q.俺の作った最強のヒーローが敵に回った。勝てない。どうする?
 A.もっと強い設定のキャラ作ればいいじゃん

 この昭和臭溢れるインフレ感!
(永遠に不滅とか、名前に『新』ネタとか、もしかして中の人込みでショウワバグスター、なのか……?)

 でもまぁ『新キャラ作って旧キャラ殴る』はシナリオとしては酷いけど、この人の基本戦略で、リアルファイトなら全く正しいわけで。
(ゲームの出来はいいけど、シナリオ部分で嫌われるタイプだな、社長……)
 普通は実現困難なんですが……しれっと出来ちゃうのが変神の神たる由来というか。
 永夢用のゲーマドライバーといい、何時の間にって開発速度で、この野郎!
(『とっくに直してた』というものの、大破した本体が手に入るのはCR加入後なので……片手間すぎる)

苦しんでいるのは、小姫も一緒だ……
 社長のびっくりどっきり新発表は次回にさておき、今週はまだ政宗パパのターン。
 一番苦しいのは飛彩先生、アナタじゃないのか? と言いたくなる……いや察しているから、永夢の言葉と行動なのか。
 壊れたレコードと化した人間だったもの、それも最愛の……こんなもの直で見せられて、正気を保てる自信は自分にはないです。
 直後に、偽りでも希望を見せつけられたら、ああもなりましょう……。

紹介しよう、私の左腕

 仮面ライダーレーザー・ターボ

 そして止めの一撃。
 ゲムデウスの力を借りるのは悪くなかった。
 しかしガシャットがゲンムコーポレーション製である以上、社長以外のレベル0は警戒すべきだった。

 この仮面ライダーレーザーターボ。
 一つ興味深い点ですがテレ朝公式のライダー一覧がレーザーと別枠なんですね。
 スーツ的にも名残りは頭部(レベル5の流用)くらいなのですが、完全な別物扱いという。
 頭部のアンバランスな不気味さ(流用なので当たり前だけど)といい、本当に貴利矢なのか? という怖さ。
 もちろん、予告でははっきりと言っているんですが……あの小姫さんを先に出されると

 貴利矢さんの形をした何かじゃないのか?

 という恐怖が……次回、パートナーを救出……できるのか?

仮面ライダーエグゼイド 第33話

仮面ライダーエグゼイド 第33話「Company再編!」

 びっくりするほどブラック企業。
 銀河万丈のナレーションが大変よく似合う30分……1時間……1時間半全編(汗)

 企業が社員のために 社員が企業の為に
 だからこそ市場で生きられる
 企業は兄弟 企業は家族

 嘘を言うな!

 猜疑に歪んだ暗い瞳がせせら嗤う。
 お前も、お前も、仮面ライダークロニクルのために死ね!

 ……やっぱり、IT土方は最低野郎なんだな、って(トラウマ)
 
完全に計算外だ…まさか私の父がクロノスの力を手に入れていたとは!
 クロノス降臨の事態に社長、珍しく焦る……って理由聞いて納得。
 なんだかんだ言いつつ、バグスターはゲムデウスまで含めて敵キャラなので何かしら弱点は用意していた。
 しかしクロノスはプレイヤーが手に入れる、(想定としては恐らく)ライドプレイヤーの対ラスボス用最終形態。
 ゲームクリアさせるための装備で、あらゆるキャラクターに優越する。
(敵対ライダーは既にパラド(パラドクス)がいますが、本来レベル50打ち止めだし、こっちはライバルキャラ枠? なのかな?)

 そのスペック上のヤバさはネットでイヤになるほど語られてるので、端折りますが……個人的にぞっとしたのが
レベル表記がない

 対人戦とかで使えないゲームクリア用・最終決戦専用のイベント形態が好き勝手暴れてるって状況なのね……。

君たちは我が社の大事な商品だ

 と、いった直後の

 君たちも絶版になるかどうかは、私の判断一つだ

 ……全てが全て、本音の本気くさいのが実にブラック経営者で吐き気がする。
 このズレた狂気と使命感は親子通じるものがありますよね……死の恐怖におびえるパラドとの対比を見てると、感想で一度否定した

『罪も悪意もすべて人間の中にあったんだ』

 という、進兄さんの言葉に頷きそうになってしまう。
 ……この状況で闘志100%むき出しのグラファイトさん、ちょっと見直しました。
 唯の脳筋アホの子かもしれないけど、今週は過去一番、パラドの親友してましたわ。

仮面ライダークロニクルの運営のために協力してほしい、私の右腕として

 右腕(ロボットアーム)

 良い子の諸君、『右腕になってくれ』という口説き文句の裏はだいたいこんなものだ(トラウマその2)

 天才外科医、ヘッドハンティングされる。
 この辺、実に経営者しててやらしーというか……人材発掘の腕と人たらしぶりは社長に通じるものがあります。
 データを人質に使えば永夢も、たぶん引き抜けますが……まぁ引き抜くならこの人ですよね。
  • 最低20Lv確定のソルティをLv2でいなし、Lv5あれば30Lvを殺せる変態テク
  • グラファイトさんLv99にも劣勢ながら打ちあえる。
  • 今話まででクロノスに最も善戦した『ポーズを使わざるを得ない』相手
    (ゾンビ社長は(作戦のうちとはいえ)ポーズ抜きで秒殺)
  • もはやCRのまとめ役な交渉力。あのゾンビ社長さえ出し抜く演技力と胆力

 天才ゲーマーはMだっけ……Hだったっけ……となりそうな、まさに人財。
 初手で抑えないと危険すぎますわ、これ。

ふざけるな……ボタン一つで命をもてあそぶなんて!
 新檀黎斗は今日も平常運航で笑い殺しにきてますが、政宗パパは笑えない……笑えるか、こんなもん!
 どれだけ進化だレベルアップだ反乱だといっても、全て経営者の掌の上とは。
 マスターガシャット一つで生殺与奪は思いのまま。今までの命懸けの戦い全てを茶番と化す、この外道っぷり。
 それも平然と……自慢でも自虐でもなく当然の事と言い切ってしまう精神は、まさにイカれているとしか。
 すごく心当たりがあって……ありすぎて、パラドに共感してしまう。
 こういう人を見た時、怒りより先に恐怖が来るんですよ。
 死とか暴力のではなくて『人の形をした何か』を理解できない恐怖が。

攻略する術は……あぁーっ!? その手があった!!
 普段は会話すら噛み合わないのに、ゲームの話となるとパラドが嫉妬しそうなツーカーぶり。ヲタクあるあるである。

 クロノスの能力はゲーム仕様上は絶対勝てないが、CRには使用を超えたチート(リプログラミング)とバグ(社長)がいる。
 この二つをれっつら混ぜ混ぜ……割と最低だ、このヒーロー!?

 命中即死のリプログラミングなら……までは予想通りでしたが、ポーズ攻略はまさに盲点。
『クロノスを攻撃可能』かつ『ポーズの効果範囲=ゲームエリア(≒戦場)外』
 そんな都合のいい場所が……あったよ、バグルドライバーの中!

 あの黎斗ウォッチが伏線とか誰が気づけるか! というか政宗パパも気づけなかったよ!
 最終的に戦略(伏兵ブレイブ)で負けましたが、戦術レベルでは親父を超えましたよ、この息子。
 二度目はないにしろ……本当にこの、ゲーム馬鹿(褒め言葉)どもは!

続きを読む

仮面ライダーエグゼイド 第32話

仮面ライダーエグゼイド 第32話「下されたJudgment!」

 社長審査の結果、ときクラシリーズの続編は開発中止となりました

 おのれゲンムコーポレーション!
 
お世話になりました
 開幕初っ端、きな臭さしかないタイミングと姿の檀パパ釈放。
 何がきな臭いって、同刻に社長経由でプロトガシャットの所在が衛生省と明らかになっているという事。
 ……そもそも檀パパの罪状もかなり怪しげだったんですが、ここまでの衛生省の仕事人ぶり、タイミングを考えるに最終的な黒幕はこのコンビ?
 裏のお仕事でよく言われますが、刑務所は情報が洩れず、体制側が守ってくれる一番安全な避難地なんですよね。
 ゼロディの件で逮捕されたというのは衛生省の保護。
 檻の向こうでストーリー進行を見ていればよかったが、社長復活という予想外の事態。
 当然社長経由でプロトガシャットをCRは狙うので、先手を打って……と、いうあたりでしょうか。
(私の予想は往々に外れるので、まぁ話半分ですがね!)

俺は超絶進化を遂げたナインティナイン!
 そして今一度喰らえスナイプ!

†超絶・ドドドド・紅蓮・黒龍剣†

 これがレベル99のセンス……ひどい、ひど過ぎる

 敵も味方もレベルアップ、ルールブレイカー祭りで決戦空気の中、グラファイトさんは今日も癒し。
 パラドも(主に社長のせいで)曇りがちな中、全力ノリノリでボスキャラしてる姿は好感度高いですよ、いえハイ(逃避)

 ただまぁ話題的には……仮面ライドプレイヤー灰馬、ですよね。
 ここ2年の芸人枠の変身がアレだっただけに、話聞いた時は結構心配でしたけど……よかった。
 芸人の博多華丸ではなく、ちゃんと劇中の鏡 灰馬として変身して、戦ってくれて……叶わないけど、かっこいい親父していました。
 飛彩の命名由来が『ヒーローの鑑』というのは、結構早くから言われてましたけど、その彼が『ドクターの鑑としてきた』というのは、最高の賛辞ではないでしょうか。

これ以上、この会社を思い通りにさせないよ。バグスター
 振り返ってみると今週はかっこいい親父劇場だった気がします医。父の日にはまだ早いぞ!
 この復帰した社長への社内の盛り上がり、一族経営っぽいですけどカリスマをしっかり感じさせます。
 あと新旧社長対決の中でバグルドライバー2の謎についてもチョコっと。

 Q.バグルドライバー2でバグスター勢吸って無力化できない?
 A.これバグスター用なんで。人間が使うと死ぬよ?


 販促アニメ・特撮の玩具は兵器(白目)安全装置食らいつけろバカ!
 社長が吸い込めたのは人間かつバグスターだったからなのか……けっこう偶然の産物だったのね。
(でもこの理屈だとパラドもいけそう?)

ゲムデウスを攻略することは、不可能だ!

 ※いつものドヤ顔で解説する社長

 ……まぁ気持ちはわかるけど、うん。
 理論上可能ならプレイヤー共が勝手に攻略考えるだろ的な、うむ。
実際に社長みたいなこと繰り返してる神を思い出しつつ。
そういや無限復活をごり押し攻略もされてたね……)

 さてバレ情報ではラスボスかと思われた仮面ライダークロノスですが、彼すらも実はまだラス前。
 ゲムデウス、バグスターたちも詳しくない彼らの頂点。ここにきてようやっとゴールが見えてきたわけですが……。

諸君、このゲームは無効だ
 実のところ詰み感のあった新社長ことラヴリカ様。
 社長(土管)アタックでルール潰しつつ、リプログラミングで強制クリアとか、現実にやったらブーイング待ったなしのチートコラボされたら、うん。
 グラファイトさんは99Lvの割にあんまし役に立たないし!
(なんでスナイプLv50とバチバチしてるの、このバグスター……パラドさんは瞬殺2タテだったぞ、おい)

 そういうわけで……実際これがこなければ結構やばかった気がします、バグスター陣営。
(脚本の都合じゃなく、ガチで天敵が弱体化かましてくるので仕方ないんですけど。おのれゾンビ社長(新))

 介入は必然かつ適切……遂に正体を明かした前社長、檀 政宗。
 時間停止と時計の演出は定番ですが……決まりすぎです。
 まさに『この親にして、この子あり』


聞き分けのない子は、嫌いだ

 仮面ライダークロノスの能力は『世界を支配する』能力としれッ!

 PAUSE(時よ止まれ!)

 ば、バカなッ いきなり吹っ飛んでいる……花京院ーッ!?

 ……あ、作品間違えた(故意犯)
 しかしまさにこれ、本当にこれ。
 特撮でやるとこうなるのか……って演出、まざまざ見せつけられました。
 しかもこのPAUSE、唯のポーズではなく……俗にエミュと言われるアングラなアレについてくる機能に近い。つまりチート。
 ただしい状態で撃破されなかったキャラクターに、コンティニューは働かない。つまり

 尼ケ崎 恋=ラヴリカは死んだ

 この攻撃はもちろん、社長すらコンティニューを封じて殺せるということなんですが……皮肉にも、というか。
 劇中二人(バグスター)目にして、最初の犠牲者……バカモンと同じ、社長の不興を買ったという殺害動機。
 それを目の前で見せつけられるかつての加害者=社長という構図。
 前話で永夢に贖罪の機会を与えられただけ』と言われた社長。どうせこの人は蛙の面に水だろうなー……と、思ってましたよ。
 ですが……どうやらエグゼイドという作品、そこまで社長に甘くなさそうです。

仮面ライダーエグゼイド 第31話

仮面ライダーエグゼイド 第31話「禁断のContinue!?」

 超エキサイティング社長劇場

 復活一話で因縁も強さも全部持っていかれたパラドぇ……

檀黎斗という名前はもう捨てた! 今の私は新・檀黎斗だ!
 ゲンム社長は話題の為ならパクりも辞さないクソ神運営。平成ジェネレーション見た人は知ってるね!
 死んだ後もやりたい放題というか、殺せないぶん更にタチが悪くなっているバグ社長。
 バグスターの身体も悪くないとか、死んでもデータはとってるからダイジョウブイとか、今まで以上にマッド要素マシマシです。
 面白くないのは……面白い人がいるわけないですね、少なくともCRの面々は。
 社長の人間関係には『被害者』『これから被害者になる人』しか存在しない。
 唯一人の例外を除いて。

 ◆永夢ぅー、決着つk……またお前か!?
 マジでこんな扱いで泣けてくるパラド君。
 人間がSNSやMMOゲームやめたくなる時みたいな……心中、お察しします。
 社長は社長でやる気満々で向かってくるし、相変わらず弱いし……弱いのにクソ厄介なのが、真面目に死合(ゲーム)してるパラド君からしたら、たまったもんじゃないです。

 ゲンムLv0のウィイルス抑制は距離で強化され、接触するとLvドレインになる

 レベルが高けりゃ強いんだ! と、努力するプレイヤーをあざ笑うように、新ルールを持ち込むクソ運営っぷり。
 これができるからゲームマスター最強なんだよ、チクショウ(体験談)

 勿論、殺しても復活する

 残機は一応あるようですが(99は社長なら実質有限なので無問題)
 ……なんだ、その土管は。今度は任天堂法務部に腹パンされるぞ、バグ社長。
(そもそもマ○オジャンプの時点で大概だった)

思い出したの、私が感染してた宿主の記憶

それは社長=檀 黎斗のお母さん。
 なぜ、そこまでしながらガシャット開発を……からの

 失いたくなかったのさァ! 私の神の才能を!!

 鬼! 悪魔!! クソ運営!!!

 由緒正しくマッドサイエンティストの系譜です。
 隠し事(でき)なくなってから社長、テンションマックス大変身で現状楽しんでますよね。
 クリエイターとしては間違いなく天才ですし、こんだけ明け透け言い放って殴りあえる友人っていなかったのかも。
 前述の通り、この人の関係相関は被害者と加害者で埋まるので、あまり気に入られても迷惑極まりないのですが。
 少なくとも母親……そしてポッピーへの想いは本音の様子。

 その本音を背負いつつ、あんなことや、こんなことをできちゃうのが社長という怪人(物)。うん、知ってた。

こんな人と協力できない
 当然まぁ、こうなる。
 が、そこで主人公の永夢が『パラドは僕一人で攻略します!』と、言い出す前から『パラドころーす!!』
って、突っ込んでいくアクティヴさ。最高に(ウザい)社長です。

 でも真面目な話……劇中でも割と中立視点で描写されてて感心しましたけど、発明と開発の歴史において社長の考え方は割と大事。

『一つしかない大事なもの(この場合、人の生命)だから絶対守らなきゃ』

 と、いう世間的な良識に対し

『二つに増やしちゃいかんのか?』

 と言い出せる発想の転換。
 バックアップという考えは勿論、その中におけるRAID(複数のハードディスクにデータを分散・重複保存して損傷耐性を高める)、ホットスペア(同一構成・データの機器を用意しておき、損傷時に即時切替)……
 生命に置き換えると狂気なんですけど、それをやってしまえるのが社長という天才。
 前エピソードで『社長は永夢に勝てない』という話を述べましたが、逆もしかりで『社長の考えは永夢にはできない』でもあるのね、と……ちょっと評価がレベルアップ。
 永夢とパラドの99Lvはルールの中の強さですが、社長の強さはルールを作り、変える強さ。
 作さんや永夢(≠M)にも素質の片鱗はあるが、一から作ったのはやはり社長だけ。
 ……公式テロップの神認定、割と的確でしたわ。

これでも、少しは感謝してる
 だがしかしポパピプペナルティ(愛のクリティカルストライク)
 ……躾だ、コレ。
 まぁ、この状況でパラドを殴ると思ったのはCRの面々(とパラドくん本人)だけじゃないだろうか。
 ポッピーのスペックでクリティカルぶち込まれたら、普通にゲームオーバー待ったなしの火力なんですが
『対象への好感度が低いほど火力アップ』
 という設定が……こういう形で生かすとは、目から鱗。

社長が死んでない=ポッピーは社長を憎んでいない


 社長の根本的な罪は『他人の心が理解できない』なんだろうなー……って。
 幼い頃から天才で、親父はアレ(失礼)、母親は幼い頃から入院しがち……って境遇はよく考えなくても歪みますよね。
(歪んだ結果、天才的頭脳に磨きがかかる……というのはマッドサイエンティストのお約束でもある)
 この瞬間、ポッピーが叱って、危機を目の前にするまで、社長の情操は『檀黎斗くんX歳』で止まったままだったのかもしれません。
 ……ここまで突き抜けちゃうと絶対性根は変わらないでしょうし、変わらず突っ走ってほしいですけど。

続きを読む

仮面ライダーエグゼイド 第30話

仮面ライダーエグゼイド 第30話「最強VS最強!」

 世界は社長の遊び場。
 そして社長はみんなの玩具。

 ……パラドはそろそろ泣いていい。

俺がお前を覚醒させてやる
 パラド君、唐突な粛清展開……なのですが、わかりやすい演技と前回の台詞で、悪役としてどうしても見辛い。

 パラドと永夢は鏡映しの存在で、パラドハ永夢のやりたいことを代弁してきた。
 地獄のミ○ワじゃないですけど
『コイツが人々を殺しまくる文句ない悪だったら怒りに任せて全力で戦えるのに!』
 という思いも……忠実に実行してしまうんですよね。
 自覚があるかはわかりませんが……リボルに吐いた『所詮はゲームのキャラ』が、前回に続いて重い。

やめとけ
 いきなり何よ闇医者だけど、これ以上なくド正論。
 パラドが永夢のバグスターなら、永夢を操れるから救出は無意味。待つしかない。
 で、レベル0のガシャットは社長製で『使うと死ぬ』プロトガシャットの更に前というヤバさ。
 ……経験者は語るというか、仮面ライダースナイプをよろしく(ダイレクトマーケティング)
 ただプロトガシャットもそうですが……ヤバいけど使わざるを得ない餌を用意しやがるのが社長の巧みさというか……割とマジでマスタリングは達人芸だと思いますわ。
 クソ運営でクソゲーマーだけど。

バイクがなくてもなぁ! 地獄のレースは終わらないぜぇぇぇー!
 全力でシリアスしたいパラドを後ろから刺してくるモータスこの野郎!(涙)
 リプログラミングされたバイクは結局ダメだったのね……物凄い長期スパンでパラドを襲う永夢の罠感。結局どっちも鬼畜ゲーマーじゃないか!?
 ノリノリなんだけどヤケクソというか、涙声入ってるのがまた……キミ怪人なんだから、盗んだバイクで走りだしてもいいのよ。モータス君。

傷つく誰かを守る時にこそ、お前は覚醒するんだ
 そうだ、それだよエグゼイド!
 ゴライダーで共演した中ですが、たまーにブレイドっぽい台詞回しすることありますよね。
 でも『ここは私が』『あたしたちが、の間違いでしょ?』はWっぽかったり、監督の趣味?
 女性ライダーコンビは劇場版キバの麻生親子くらいしかなかったし、もうちょっと見たかったニコポッピーですが……今はそれどころじゃないか。
 決意を決めた永夢の笑顔と挨拶、完全に死地に赴く人なのが……何故勝てない!? と、いうことになる彼ですが、この時点で何か悟っていた?


きっとこれは、私がやるべきこと
 オリジンガシャットは危険すぎるという闇医者に対し、ポッピー立つ。
 たしかにガシャットの危険はバグスターによるもので、バグスターのポッピーなら何も問題はない……あった。
 社長が残したものが何も問題ないはずがないよね……檀 黎斗この野郎!?

お前を切除する!
 世界一の天才ドクターHと天才アベックT&Nの活躍がざっくりカットされましたが(涙)
 このバトルを見せられては納得せざるを得ない……レベル99パラドクス相手にマキシマム、動く動く動く!
 初期のレベル1アクションでも驚かされましたが、実写とCGのミキシングが凄まじく自然で

『これがLv99の戦いか……!』

 と、ごりごり攻めてきます。
(久々にライダーゲージの演出も入りましたね、こういう細かいガジェット大好き)
 CGはもちろんなんですがマキシマムゲーマ、こんなに動けるとかどうなってるの!?
(以前に『キースラッシャーは固定腕だろう』みたいな話をしましたが、なんとちゃんと握って保持しているとのこと。
昔の戦隊ロボの武器装備シーンだと『握り手のない状態で撮影して、武器と腕をCG合成』なんてやってましたが、今は小細工抜きで撮れるのか)

天才ゲーマーM……オリジナルの俺に勝てるわけがないだろう?
 体格、パワー、スピード、スペック差で押し込むマキシマムゲーマー。だが勝てない。
 序盤は圧倒的に押していたものの……一番大きなミスは強化アーマーを捨ててしまったことと思いますが、それを含め細かな部分で詰めが甘いんですよね、永夢。
 一方、パラド……19話のパラド永夢が顕著ですけど、彼は本当に全力で最後まで遊び抜き=殺しにくる。
 この精神的な部分の差が極限同士の戦いだと地味に効いてきてしまうのではないかと。
 ……マキシマムは脱いでも99Lvなのですけど、脱いだ強化スーツを放置は失策ですよね。
 自動操縦をもう少し使いこなせれば……!

随分楽しそうだな、パラド! ゲームマスターの私を差し置いて!

  ……からの、コイツである。

 本編で言っちゃったよ、この人!?
 檀 黎斗は永遠に不滅ダァァァァーッ!!

 社長→元社長→オールバック社長→故社長→バグスター社長

(一時)退場の際にコイツが生きてるとパラドの存在感が食われちゃうよね、と感想書きましたが……見事に食われましたね(涙)

 最後の5分で何しやがるのよ、このクソ運営!(※褒めてます

 あとついでに、もう一週早ければ、あの『GAMEMASTER』テクスチャ風ステッカー某上様に強制差し入れしたのに。くそう

仮面ライダーエグゼイド 第29話

仮面ライダーエグゼイド 第29話「We're 俺!?」

 おばあちゃんが言っていた……

仮面ライダーは生命をコンティニューしてから本番

 ……ってな。
 (※言ってません)

 永夢の真価が問われるなか、空気読まずに復活する社長。
 うん、まぁ知ってたけど。

ずっと見てたんだぜ、永夢。お前の傍で
 お前は誰だ!? 俺の中の……いや永夢だと『の中の』ですが。
(アマゾンズ第2シーズン、Amazonプライムで好評配信中)

 永夢のバグスターは『僕』でも『俺』でもなくパラドだった。
 そして幼少期の発症からの十年前後、永夢の人生はパラドのものだった……という衝撃。
 これでこれまでの永夢の謎ほとんどが説明ついてしまった……永夢に触れた社長の気持ちが少しわかった気がするというか、ため息しか出ない。
(残る謎というと『普段のマイティブラザーズR(俺)は誰?』くらい?
都度都度パラドと対峙しているので、全部パラドではないはずですが……)

ずっと見てたんだぜ、永夢。お前の傍で

【悲報】グラファイトさん、全くわかってない

 演技してた初見は百歩譲るとして、君もレベル99なら
『よくわかんないけど倒そう』
 とか脳筋な発想は捨てろ!(涙)

 いやまぁ説明役が必要なのはわかりますけどさ。
 状況から推理した先輩コンビの方が理解できてるって。おい。
『感染者の知識』にしてもポッピーの方が有効活用している現状……と話が反れますが、視点を見るにポッピーのキャリアは故社長(黎斗の方)の母親っぽいですね。
 実際、飛彩の元カノ()より有用なのはたしかですけど……もしかして社長がポッピーを生かしていたのは、そういうことだったんでしょうか。
 その、赤くて三倍な人のネタにされがちな……某草加マンも似たようなこと言ってましたが。

あたし、パラドをぶっ倒したい
 死亡フラグが薄れた端から、次のフラグを立てる縛りプレイヤー大我センセぇ……フラグ立てたのは本人というかニコですけど。
 ライドプレイヤーは成長するのだ、いやして見せる! とは言いますが、今回でレベル99になったパラドクスにレベリングで追いつけるかというと……パラド以外の全バグスター倒しても足りるのか、どうか。
 頼まれて無茶して死亡、なんていうのは勘弁してほしいですが、どうオチをつけるのやら。

思い出せ、お前が今生きていられる意味を
 やめてください、何するんですか!?
 俺がお前の生命をコンティニューしてやったんだよ!

 なんで台詞がいちいちホモホモしいの……昔からニチアサはそうだった(凹)

 ……茶化さないとやってられないくらい、空気が重いです。
 永夢発症の際『僕』が姿を消したのは、『俺』が目覚めるとパラドがいなかったのは、そういうことだった。
 パラドは本物の狂人で、人非人で、それでも宿主の永夢が好きすぎて辛い。
 仲間ができ、永夢さえも忘れていた『一緒にゲームをする友達が欲しい』という願いを叶えようとする。
『お前の運命を決めるのは、俺だ』なんて煽りますけど、そのために生命張ってるんですよね……物理的に分離してはいますが

 『僕』にできない事をやる『俺』
 『僕』を守ろうとする『俺』

 多重人格のソレですよ、これ。
 16話でリボルに吐き捨てた『所詮はゲームのキャラ』というセリフが、今になってみると凄く重い。
 あれは一種の自嘲だったのか……。

運命ってのはパズルだ
 パラド用は社長(のゲーマ)ドライバーか? と、思わせて。
 マイティブラザーズで増やして使うのか! と予告見せて。
 正解は社長ドライバー。ただしバグスターは使えないので、人間の遺伝子とマザルアップ……という手の込んだミスリード。
 このエンタメ精神、正直大好きです。

 あと『普通のバグスターはゲーマドライバーを使えない』という設定も公開されましたね。
 まぁいつもの除染フィルタ(※ないと即死する。仮面ライダースナイプ参照)だから当然か。
 なんだかんだでゾンビ社長、何重にも対バグスターのプロテクトしてるんですよね。次回のレベル0しかり。

 しかし、あぁ、今回も(間接的に)永夢に突破されてしまうという皮肉。
 ガシャットギアβのレベル50先輩コンビを軽くあしらうのも、社長の限界を比喩しているようで……。
(実はパラドクス自身も……スペックは全て永夢オリジナルのマキシマム99Lvに一歩劣ってたりします。競り合いで勝てたのは初回補正+特性の防御無視が大きいと推察)

レベル、0……!?

  永遠に不滅といっただろう?
 なんたって私は神だからね! アーハッーハーハッハァー!


 って、社長の笑い声が聞こえた気がする(※気のせいです)
 バックアップは基本。クリム・スタインベルトもそう言っている。
 春映画とOV……ゴライダーでも大暴れしましたもんね、バックアップ社長。
(割とマジで恐ろしいんですよ、ゴライダー。一種の神である剣崎(0w0)が介入しなければ打つ手なし、って)
 そしてあの執念深く、狡猾な社長がバックアップ一本だけなんて温い事するわけがない。なかった。
 凝りすぎな装丁が実に故社長。このゲーム大好きな感性、マジ社長。

 起動しりゃダメだぞ、ポッピー!
 絶対それ罠だから! ていうか、100%善意でも騒動しか起こさないから!!
 これはフリじゃないぞ!? いいな、絶対だぞ!!!

続きを読む

仮面ライダーエグゼイド 第28話

仮面ライダーエグゼイド 第28話「Identityを超えて」

 いかに天才ゲーマーMといえど、このギャルゲー(死語)ならッ!

 …素で余裕でしたね。そりゃそーよね(凹)
 しかし毎エピソードごとラストに爆弾ぶっこんでくるおかげで、なかなか笑って終われない。
 平成一期に多かった引き逃げ(次回序盤で即解決)でなく、ガチで新たな問題がスタートするのが……『次は何をやってくれるんだ!?』って衝撃は結構クセになりますけど。

ラヴリカが負けたらしいな
『フフフ、奴は我らバグスターでも一番の小物!』とか言い出さないか心配でしたよ、我らがグラファイトさん。
 あ、レベル99レッド内定(雑誌バレ)おめでとうございます……今週はパラドくんがいじられ化してましたけど、真のネタ要員は君よね。
 意味ありげに露出増えたので、いよいよか!? と思えばラストのアレだし。
 新社長は社長業こなしてるとして、キミ本当に何もしてないよね……。

他の患者なんざほっとけ……それよりバグスターは?

(※デコベッドにごく自然と寝転がる大我センセ)

 闇医者ァ!?
 尻に敷かれてね? ってネット感想で一部考察してる方がいましたけど、大当たりだった件……心底ツンデレでやがる。
 行動も冷たいことようですけど、要は役割分担ですし……対症療法は永夢たちがマックス頑張ってますし、本丸に攻め込むためのガシャットロフィーはニコがいる闇医者組にしかできないわけで。
 なんだかんだで信頼してるんですよね、後輩組を。

ポッピーは僕たちの仲間だ
 違う! 俺たちバグスターの仲間だ
 これがいわゆるオタサーの姫……だ、違う!
 『ドライブ』のチェイスと逆パターンですね、これ。
『リ・プログラミングで洗脳を書き換える』
 って、要は再洗脳みたいなもので割とエグいことしてるんですが(テレ朝のストーリー解説では『悪い遺伝子を書き換えて』とあるけど、誰にとって悪い遺伝子なのか? という)
 視聴者視点だと味方でいい子だったポッピーの方がなじみ深いわけで『元に戻ってよかった』という思いが正直なところあります。
(チェイスの場合、元凶のベルトさんがまず戦闘マシン扱いしてたというのと、怪人側のハート様が超絶人格者というのも大きいですが)
 ……まぁ、がっつり『エグいこと』には、この後しっかり触れるわけですが。本当に容赦ないな、エグゼイド。

今、知らない人の記憶が!?
 これまでもそれとなく触れてきましたが、まぁ予想通り。

 完全体のバグスターは宿主=犠牲者の記憶を引き継ぐ

 ……しかしそこですかさず

俺もブレイブの恋人の記憶を持っているからな(ドヤ顔)

 その台詞はまずいですよ、グラファイトさん!?
 いや主観なのか、第三者目線でなのかは不明ですけど、どちらにしろ飛彩先生ピンチ。
 肉体的(意味深)か、精神的にか、違いはあるけど超ピンチ。

あいつ、なぜあそこまで研修医に拘るんだ……?
 そういうあなたはなぜ低レベルクリアに拘るんですか、飛彩先生。
 Cパートはわかるにしても、初回はなぜパラド相手にビートゲーマー(Lv3)を……新手のM?(天才ゲーマーの事ではない)
 ……閑話休題。実際、ここ最近の焦りは飛彩先生じゃなくても怪しく思えるパラドくん。
 衝撃を見た後で振り返ると……嫉妬というか、捨てられる焦りなのか。
 性格上、仕方ないこととはいえ、お熱(パラド視点)の相手は故社長に、ポッピーに……うん、あまりに強烈すぎる。
 特に故社長(本名:檀 黎斗)
 ゴライダーでバックアップが大暴れして、現実世界でもまたなんか復活する空気だし。
 ……オタサーの姫は永夢の方だったのか。

研修医、覚悟を決めろ
 殺す覚悟、ではなくて。殺したくないなら、死ぬ気で攻略する覚悟をしろ、だったのか。
 ほんとうに先輩方、ドッキリの看板出てきてもおかしくない空気の読みっぷりで頭が下がります。
(実際のところ『スタンドプレイから生まれるチームワーク』を地でやってるんでしょうけど)
 変身したポッピーを前に、まずスナイプがプレイヤーを追っ払う、ニコが因縁つけて、ブレイブが非情の決断と攻撃。
 で、エグゼイド……というか永夢が庇い……

 説得に入った瞬間、すっと引いてる先輩二人(+1)

 ……ここでバガモンの前例を見ていたのが効いてくるのか。
 ドレミファビートはポッピーを笑顔にする音ゲー、なら殺さなくてもクリアできる……音ゲーしてないけど。
 いいのか、これ。いやいい話なんですけど……こ、これでいいのかぁーっ!?

なんでだよ、永夢!

 ポッピーにはゲームしようっていうくせに、俺とは戦ってくれないんだよ!

 ……よくないですね、はい。
 先々週あたりから片鱗ありましたけど、レベル50の威圧感も消し飛ぶほど、マックスやられっぱなしのパラドくん。
 その心境は寝取られゲーのアレ……(銃声)
 永夢との関連性は割と臭わされていましたが……本当に永夢の一部なのか?
 だとするとマイティブラザーズの『俺』『僕』人格の片方は?
 次回、遂に真相にいたる……のか?

仮面ライダーエグゼイド 第27話

仮面ライダーエグゼイド 第27話「勝者に捧ぐlove&peace!」

 暗に人生の敗者呼ばわりされる現役コンビ

 いや飛彩くんは理解してるし、というか悲恋という点は先輩……いや先輩になっちゃまずいけど。
 よくわかるエグゼイドのコラじゃないのにコラ感で止めさされたぞチクショウ(褒め言葉)

ゲームクリアの暁には

消滅した人間のすべてを復活させることができるのです!

 衛生省VS新社長、次の一手は予想通り。
 これが俗にいう『ジャブジャブ課金したくなるような射幸心を煽る文章』……!(違)

 とりあえず、即座に飛彩くんが否定してくれたのは安心したといっていいのか。
(自分に言い聞かすような吐き捨て方が……百瀬さん絡みで暴走とかないよね?)

 命と商人欲求が最強の餌というのは偉大なる初代クソ運営、神崎士郎(龍騎)もおっしゃる通り。
(神崎のニーサンは自身も欲望で暴走してましたが)
 衛生省が販売を差し止め・回収を進めるなか、このCMを公共の場に流せる新社長、何気に恐るべし。
 直接の販売差し止め対策にはならないのですが、恐らく闇ルートで流通もさせているはず。
(あるいは差し止めが効いているから、一万人ライドプレイヤーみたいな絵面になってない?)
 更にライドプレイヤーとバグスターが活性化すれば、自衛を盾に一般人が流通を求めるように……ゾンビ社長と方向性は違うものの社会戦の強さは厄介極まりない。

最強! 天才! ライドプレイヤー……ニコ! 参!上!
 これが大正解だったというのがまた酷い。
 ていうか億単位稼げるプロゲーマー参戦で、ようやくボス1体撃破ってやっぱクソゲー……プレイヤーはバグスターでしたね、そうですね。
 クロニクル、故社長(ゾンビ社長)が作った部分と、バグスターが修正した部分が微妙に混じっているのが、また理解を何回にしているところ。
 今回初当所のガシャp……ガシャットロフィー要素はゾンビ社長が仕込んだ部分ですよね。ロックマン的な。
 個人の動機はさておき……
『ライダーはボーナスキャラ扱いなので、いくらバグスターを倒してもクリアできない』
 という仕様にと則って解決を目指すなら、ニコを矢面にライダーが援護する姿勢で挑むしかないのですが……まぁ、平常心でいられませんよね、大我センセ?

あんたのような男は、この世でもっとも嫌悪するタイプだ!
 もはやお馴染、大我センセの大人だからできるダイレクトアタックのお時間(ゲンム社員付)です……が、成功したことない気がする(汗)
 社長たるものパワードスーツや口からビームくらい完備するもの(偏見)ですが……新社長、というか人間体を得たバグスターは装備なしだとこれくらいしかできない?
 この新社長、この後わざわざバグヴァイザーで『培養!』してるんですよね。即時変身で切り返してもいいところを。
 5話のグラファイトさんも中二病ではなく(失礼)人間体~怪人体の変化はバグヴァイザーやそれに準じた装備が必要なんでしょうか。
(パラドさんが未だに怪人体を見せないのもそういうこと……?)

攻撃されたんだ! 好感度が高い言葉の魔力で!
 飛彩先生、言い回しがジョジョっぽいで……いや実際、ジョジョじみてますね。
 この
『俺ルールを押し付けてくる相手(今回なら物理攻撃無効)を、ルール内でどう攻略するか』
 という戦いは。

 原典のときメモだってバトルしてたから物理効いてもいいでしょ、新社長!?
 それどころかバトルに勝利しないとグッドエンド迎えられない恋愛ゲーだってあったじゃないかよ、新社長!?

 ……コホン。
 この新社長、何気にマキシマムの天敵なんですよね。
 テレ朝公式のライダー解説にあるのですが

『(略)パンチ/キックを叩きこむと同時にリプログラミングを実行』

 というプロセスなので、当たり判定が存在しない新社長……ラブニカは実質リプログラミング不能、という。
 こういうルールの穴を突く対策とか、ゲームっぽさ、好きです。

人にはそれぞれ未来がある。だから失うものがない俺だけが戦えばいい

 人の本気は、英知を尽くした名作の感動を易々と超えることがある。
 創作が求め、辿り着けぬ原典……人、それを『天然』という

※ご視聴の番組は仮面ライダーエグゼイドで間違いありません。

 ニコ×大我センセの恋愛ゲーが夜のマックス大変身Lv99で大勝利だった。

 書いてる自分も意味不明ですけど、このシチュエーションにどう勝てと。
 ラブニカ様、マジ道化。

 ここまでの積み重ねたうえでの『死を背負うライダーは俺一人でよかった』宣言、周囲は大勢が見学死闘だけど、水の音で本人しか聞こえないとか、もうね!

 ラブニカ様、恋愛ゲーのバグスターゆえに負けたという皮肉。
 そして理解できてるのか怪しい主人公という涙。
 取り残されたコンビ……飛彩センセの目と声が、遠回しな『涙拭けよ』で……うん。
 ですが経験は無駄ではなかった、のか。
 これがポッピーの改心エピソードに繋がっていくとは。

ナビゲーション

PHP Blog